【TourBox Elite レビュー】話題のコントローラデバイス。便利で面白いし制作が捗る。

スポンサーリンク

まず最初に、本記事はメーカー様(TourBox社)より商品を提供頂いた上での記事となる。
提供品だろうがなんだろうが正直に書き記すスタイルは変えるつもりは無いので、偏見無しに一読いただきたい。(テンプレ)

知っている人は知っているコントローラデバイスであるTourBox。
左手デバイスだとかコマンドユニットだとかマルチコマンドデバイスだとか、レビューする人によって好き勝手に呼ばれており、いまいちどういうデバイスなのかわかりにくい、ご存知TourBoxだ。

クラウドファンディングサイトであっという間に支援目標金額を突破し、世界中のクリエイターの手元で活躍する本デバイスは、ガジェオタでなくとも大変に魅力的で興味深いものに映るだろう。
そんなTourBox Eliteについて、本記事ではレビューをしていこうと思う。

TourBox Elite:クリエイターの究極Bluetoothコントローラー
TourBox Eliteは、これまでに無かった画期的なBluetoothコントローラーです。お絵描きソフトや写真編集ソフト、画像編集ソフト、動画編集ソフトの作業がより快適になり、これまで時間のかかっていたクリエイティブ作業の時間を大幅に短縮してくれます。
スポンサーリンク

TourBox Elite の基本データ

TourBox について

TourBoxとはスタートアップ企業TourBox Tech Inc.という、拠点をシリコンバレーに置く企業から展開されているパソコン用クリエイティブコントローラーである。
と言いつつ、提供元や広報元を確認してみるとどうにも中国感が拭えなく、実際の提供本社の所在はつかめない。

公式HPは以下。

TourBoxークリエイターのための新世代のコントローラー
TourBoxはクリエイターのために設計された全く新しいソフトコントローラーです。画像編集ソフトやペイントソフト、映像/音声編集ソフトなどといったクリエイティブソフトをTourBoxでより直感的かつ簡単に操作できます。ソフトへの制御力をアップさせ、創作体験を向上させます。

TourBox Elite について

TourBoxは写真や動画、イラスト、デザイン、音楽の分野で活躍するクリエイターに向けたデバイスであり、いってしまえば多機能で高性能な「補助デバイス」だ。
Photoshop、Lightroom、CLIP STUDIO PAINT、Premiere、Final Cut Proなどの制作現場で必須のソフトウェアは、基本的にショートカット操作を駆使してツールを切り替えて作業を行う必要がある。
文字入力のために設計されたキーボードでは、「CTRL+xx」を基本とした指がつりそうな操作が求められるため、作業効率は正直イマイチ。
まぁ慣れてしまえばどうってことはないが、その仕草はスムーズ・スマートでは無い。
そんな作業を、直感的で効率よく、多彩なカスタマイズ機能によって補助することが可能になるのがTourBoxというわけ。

似た製品としてはOrbital2とかRazer Tartarus V2とかが挙げられる。

これらは「なんだかよくわからないけど左手にメカメカしいものをおいてガチャガチャしてるのかっこいい」という少年時代の筆者の憧れの商品であったが、同類製品がよもや自分の手元に来ることがあるとは思わなんだ。

TourBox Eliteはそんな製品の最新作であり、無線化に対応したものとなる。
今までは有線環境であったが、煩わしいケーブルから解放されたのがTourBox Eliteということだ。
勿論有線での使用も可能であり、環境に合わせた利用が可能というのも嬉しいポイント。

TourBox Elite――クリエイター向けのBluetooth左手デバイス
TourBox Eliteはクリエイターのために設計された革新的なコントローラーです。絵描きや動画・音楽編集、または画像加工などのソフトを使用する時、TourBox Eliteは様々な操作を直感的に完成でき、より快適なクリエイティブ作業を体験できます。

TourBox Elite の外観

注意
以下はレビューサンプル版のため、正規版と異なるパッケージとなる可能性がある。
そのためあくまで参考程度で確認頂きたい。

ということでまずは外箱から。
黒字に白いフォントでシンプルで上品なデザイン。
煩わしい情報が無いのが好印象。

開けるとマニュアルがどーん。

付属マニュアルは全部英語。義務教育を通過していれば読めるレベル。
正規販売版は日本語記載になっているんじゃないかな。
しらんけど。

二重底を開けると巾着に包まれた怪しい物体が2つ。

本体、電池、C2Cケーブル(片側L)が同梱されていた。
尚、正規販売版はケーブルは付属されないとのこと。

本体。スイッチだらけ。
ガジェオタ、あるいは脳みそ小学生の諸君はこれだけでワクワクするはず。

マジでスイッチだらけ。
なんだこれはたまげたなぁ。

計14箇所のボタンを装備し、そのうち3つはダイアル・ジョグ形式となっており回転操作も可能。
本体上部にはType-Cポートが配備されており、有線接続での操作が可能。

裏側はバッテリーボックスとBluetoothスイッチを装備。

Bluetooth接続・待機ランプはとても控えめですぐ消灯する。
まぁ常時点灯されても鬱陶しいので個人的にはちょうどいい。

重さは376.1gを計測。ここに電池分が加算される。
ぶっちゃけ重い。

噂によると電池持ちは悪く、2ヶ月程度で帰る必要があるとか。
充電池で運用したいところ。

スポンサーリンク

TourBox Elite の良いところ

クリエイター向けデバイスと謳うのは伊達じゃない、納得の出来

上記画像の通り、大体の制作現場で使用されるソフトウェアに対応しており、多彩な操作を本デバイスで代用可能。

Photoshopであれば、メインノブを回すだけでブラシサイズの変更が可能であるとか、キットボタン(十字キー)にそれぞれ消しゴムやスタンプ、修復ブラシが割り当てられるプリセットがデフォルトで用意サれているため、すぐに馴染んだ操作を行うことができる。
動画編集ソフトであれば、クリップの遷移や拡大縮小、カットやコピーをワンタッチで操作することが可能になるプリセットが用意されているため、これまた即時現場投入することができる。

筆者は制作現場にいたこともあり、またプライベートでもAdobe製品を主に使用していることから、本機の魅力を十二分に味わうことが出来ている。
また、Adobe製品や制作現場就留の製品以外にも多くのプリセットが公式HPで公開されており、DLするだけですぐの利用が可能となる。

TourBox - プリセット
TourBoxユーザーが作成した各ソフトに対応するプリセットをこちらのページでダウンロードできます。

また、公式以外にも英語圏のサイトを探せば有志の多彩なソフトプリセットがDL可能だ。
実用的で楽しいプリセットを使用することによる生産性の向上は間違いないだろう。

自分専用カスタマイズが楽しい!

勿論自分専用のプリセットだって用意できる。
キーボードショートカットの割当からマクロの設定までできる。すげえ。

上記は試しに作成したプリセット。
各ソフトウェアのプリセットをワンタッチで切り替えられるように設定したうえで、ブラウジングに必要な機能を割り当てたオリジナルプリセットだ。
メインノブでマウスホイール、押下でミドルクリック、その際に振動するように設定など、細かく設定が可能。
ちなみに振動をONにするとゴリゴリという心地よい振動を味わうことができる。
自分の手の形、利用する機能を選別した上で設定できるので唯一無二感がすごい。

本デバイスとマウスだけで大体の操作が可能になるため、本機の導入後はキーボードショートカットは全く使用しなくなった。
クリエイターツールを利用しないユーザでも十分に恩恵を感じることができるはず。
大変に効率的であり魅力的なデバイスであるといえるだろう。

スポンサーリンク

TourBox Elite の残念なところ

スリープ解除時の再接続が遅い(製品版は異なるらしい)

PCをスリープから解除すると上記画面が表示され、2分ほど探し続ける。
1分程度で再接続できれば早い方。大体3分は無応答状態が続く。
本機のBluetoothスイッチをカチカチすればそれなりに反応してくれはするが、本体が重いのでひっくり返すのも億劫だったりする。

接続PCに搭載されているBluetooth機器との相性もあるのだろうが、手持ちのPC3台全てで同様の事象が確認できているため仕様なのかもしれない。
正規販売版では改善されていることを願いたいところ

公式より製品版は改善されているとのご指摘を頂いた。
提供品だけの問題であるらしいので考慮は不要とのこと。

スポンサーリンク

TourBox Elite の総評

纏めると、以下の通り。

  • クリエイターツールへの圧倒的な利便性の向上
  • 独自のカスタマイズの楽しさ
  • スリープ解除時の再接続が遅い(製品版は改善されているとのこと)

ということで概ね満足感しかない。
レスポンスも良ければカスタマイズ性も高く、ガジェ感も大変に高い逸品。
無線対応により作業場所を問わず使用できるのもまた大変に便利。最強。

繰り返しとなるが、TourBox Eliteはクラファン中の製品になる。
以下クラウドファンディングサイトから支援することより入手が可能。

TourBox Elite:クリエイターの究極Bluetoothコントローラー
TourBox Eliteは、これまでに無かった画期的なBluetoothコントローラーです。お絵描きソフトや写真編集ソフト、画像編集ソフト、動画編集ソフトの作業がより快適になり、これまで時間のかかっていたクリエイティブ作業の時間を大幅に短縮してくれます。

また旧版であればamazonから購入可能。
こちらは有線オンリーとなるが、機能面では変わりないので検討してみても良いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました