【ハイドロゲルフィルム レビュー】TPUやPET素材のフィルムでも、ガラスフィルムでもない第4の選択肢。これは使える!

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!
(ブリブリ

なんかMi 9T Proの画面割れてた。
正確には画面に貼ってあるガラスフィルムが、だけども。

写真じゃ解りにくいかもだけど、左端の欠けから円を描いて中心部にまでヒビが入っている。
操作や動作には影響が無いのだけれども、このヒビ上を指でなぞると心地が良くない。
そんな程度の、気分の問題にしか影響はない状況だ。

ガジェオタなるもの換えの保護フィルムは備えて置かねばならぬ。
例に漏れず換えを用意していたのだけれども、何故かハイドロゲルフィルムとかいう何だかよく解らぬものを用意していた。

ということで、今回はハイドロゲルフィルムについてのおさらい(自分に対して)と、商品紹介を行っていきたいと思う。

スポンサーリンク

ハイドロゲルフィルムとは何か

よくわかりませんでした。

だって調べても個人ブログしか出てこなくて正確な情報が一切無いのだもの。
主に中華市場を中心に発売が行われているようで日本の市場では全く浸透していない様子。
そして情報が少ないことから物好きしか注目していないという実情。
それ故に、日本においては情報が少ないのだろう。

まぁここで打ち切るのも面白くないので、自分が調べたハイドロゲルフィルムの情報を紹介する。
概要を述べると、本稿のタイトルの通りで「TPUやPET素材のフィルムでも、ガラスフィルムでもない第4の選択肢」という代物である。

そもそも従来のフィルムって?

従来の保護フィルムはPET素材という、その名の通りペットボトルにも使用されるような柔軟性のあるプラスチック素材であった。
柔軟性があるといえども、それなりの厚さがあり、昨今の湾曲ディスプレイへの対応はいまいちという状況だ。

そこで次に現れたのがTPU素材である。
PETよりもかなり柔らかく伸縮性もあり、曲面にぴったりとフィットすることが可能。
水や空気を通すため水貼りをすれば誰でも簡単に失敗なく貼ることができるという代物だ。
更にはその柔軟性を活かし、ある程度の自然傷修復も可能だ。

ただし、水固着型は装着後にムラができやすく固定に時間がかかるというデメリットがあり、場合によっては3日も安静にしなければならないという代物もある。
スマホのような持ち歩くことが前提の物を、3日も安静にしろとはどんな要件かと思うかもしれないが、マジである。
事実、3年ぐらい前にGalaxy S8に貼った時はそうだった。
出来上がりは良かったが、超絶面倒くさかった事を覚えている。

最後に、他のフィルムとは系統が違うガラスフィルムについて。
これは表面がガラス加工されたフィルムであり、スマホ画面に近い操作感を提供してくれる代物だ。

従来のTPU/PET素材はビニール感があり、指すべりが良くなく指紋も目立つという欠点があった。
これに対応したのがガラスフィルムであり、これら欠点をほぼ補う事ができる。

ただし、ガラス加工であるがゆえに厚みがあり、割れる。
防刃・防塵を唱えども、耐衝撃性は弱いというのが欠点ということだ。

ハイドロゲルフィルムはどんな特徴が?

ここで本題のハイドロゲルフィルムの説明に入る。
ハイドロゲルフィルムは上記フィルムの欠点を全て補った次世代のフィルム、らしい。

ガラスフィルムのような滑りやすさと指紋の付きにくさ、それでいてPET素材のような柔軟性もあり湾曲ディスプレイにも対応ができ、傷修復機能も備えているスグレモノ、らしい。

しかもそんなのが173円らしい。

AliExpress.com Product – Soft Hydrogel Film Screen Protector For Xiaomi mi 9t pro 9 t mi 9 se mi9 t mi9t Tempered Glass For Xiaomi mi 9x cc9 cc9e A3 Lite

そんなうまい話あるわけないじゃないか。
また中華製品の戯言を真に受けて。
そんなの絶対に買ってはいけないよ。

嗚呼…購入了…。

それが去年の12月3日の話である。

スポンサーリンク

ハイドロゲルフィルムに張り替えてみよう。

中国から届いたのがこちら。
絶対やばい。白い粉入って小分けにされた袋が入ってそう。

そんなことはなく、フィルムと貼り付け板、それからいつものアルコールスキンと乾拭き用の紙が入っていた。
厳重に梱包してくれているのはいいことだけど、何だかな。

ここからから貼り付けに入るのだけども、フィルム貼り付け作業は己との戦い。
悠長に写真なんてとっていたらホコリが入ってしまうため、細かな作業風景なんて残している余裕は無いのだ。

なので写真は残さない。
真面目な作業だからな。

嗚呼…失敗了…。

取り付け作業時にフィルムを曲げる必要があるのだけども、ここでためらったのが良くなかったのかもしれない。
思い切りよくフィルムを剥がさないと、このように折りたたみ先のホコリがついてしまう。
まぁ、170円程度で変えるし別にいいか。

以下リンク先に貼り付け方法の動画が掲載されているので参考にでも見てほしい。

AliExpress.com Product – Soft Hydrogel Film Screen Protector For Xiaomi mi 9t pro 9 t mi 9 se mi9 t mi9t Tempered Glass For Xiaomi mi 9x cc9 cc9e A3 Lite

スポンサーリンク

ハイドロゲルフィルムの使用感は?

ガラスフィルムのような滑りやすさと指紋の付きにくさ、それでいてPET素材のような柔軟性もあり湾曲ディスプレイにも対応ができ、傷修復機能も備えているスグレモノ。

これに嘘は無かった。
本当にもっと早く変えておけばよかったと思っているぐらい満足感がある。

ガラスフィルムよりも若干の滑りにくさはあるものの、断然フィルムより操作しやすく指紋も付きづらい。
傷も残らず水も弾き、視野性も大変よい。

特に、Mi 9T Proは画面内指紋に対応しているのだが、これに対する反応がガラスフィルムに比べて格段に良くなった点が最も満足度が高い。

ガラスフィルムはその構造上、厚さが必要となるため、視野への若干の影響や画面内指紋に対し問題が生じるのだが、ハイドロゲルフィルムではそこを見事にカバーできている。

最近のトレンドである画面内指紋認証端末においては、ハイドロゲルフィルムの有用性がとても高いといえる。

ということで、自分は2枚目の注文を本日行った。
ハイドロゲルフィルム、これはスゴイぞ。

AliExpress.com Product – Soft Hydrogel Film Screen Protector For Xiaomi mi 9t pro 9 t mi 9 se mi9 t mi9t Tempered Glass For Xiaomi mi 9x cc9 cc9e A3 Lite

タイトルとURLをコピーしました