【News】KZから大型DDを3つも搭載したイヤホンが出てたみたい。KZ DQ6が興味深いぞ。

レビューはこっち

【KZ DQ6 レビュー】クセが凄い!しかし使用シーンを選べば鳥肌モノの音を出すことができる。
前回の記事で”購入予定はない”とか書いたのだけれど、なんか中国から届いた。 妙だな…。(二回目) 例のごとく結局物欲に負けてKZ DQ6を購入してしまいました。 購入したのは去年のクリスマスなので、自分へのご褒美ということ...

いつものように KZ official store を覗いて以下省略。

なんだかまた気持ち悪い(褒め言葉)イヤホン出てたわ。
KZより発売されたDDを3つも搭載したおぞましいイヤホン、KZ-DQ6である。
お前絶対特殊な説明もなくラミアスの剣とか装備できるだろ。

まぁそういうことで今回はKZ-DQ6が発表されてたから見ていきたいのだけれど、しれっとKZ Z3くんが復活してたんだよね。
お前、生きてたんかと。4ヶ月もどこ逝ってたんだマジで。復活おめでとう!
でもまだカミングスーンなんだね!

【News】なんかまたKZの新型ワイヤレスイヤホンが来るみたい。その名もKZ Z3!
いつものように KZ official store を覗いていたら、KZ Z3がカミングスーンと出ていた。 前回のKZ Z1がカミングスーンとなっていたときにも、かなり先走って紹介記事(以下参照)を 書いたことがあるけども、...
スポンサーリンク

KZ DQ6 のデザイン

まずは外装から見ていこう。
パット見の印象はZSXかな。誰かの耳をかたどったような、特徴的な筐体をしている。
個人的にはこのように引っかかりがあったほうが装着感が高まるので好き。

筐体下部にはCCA CX10のような穴がある。
これはなにかの取り込み穴、或いはヌケの穴なのか、タダの装飾なのか。
よしんば取り込み穴であったしても、さすがにノイズキャンセリングのそれではないだろう。

何より特徴的なのがこの構造。
10mmデュアル磁気ダイナミックユニットを一基、そして6mmシングル磁気ダイナミックユニットを二基搭載というなかなか異形な構成をしているのだ。

DDはドライバ口径が大きいため、多ドラ構成には向かない。
なので多くて2ドラDD構成、或いは1DD+複数BA構成が主流だったりする。
事実、16ドライバ構成だとか10ドライバ構成とか、多ドラと言われる構成はBAで数を稼いでいるものが多く、本ブログでもいくつか紹介しているがイヤホンもその例に漏れない。

【News】片側7BA+1DDの合計16ユニットの化物イヤホン、KZ ZAX がやってくるぞ!
いつものように KZ official store を覗いていたら、KZ ZAXがカミングスーンと出ていた。 8月29日に発表されていたので、まぁもう少し先かなーと思っていたら、 まさかの9月頭から発送が開始されていた。 ...
【News】KZの新作ラッシュが止まらない!KZ ASX、KZ ASF、KZ SA08 といった多ドラBA機3種を発売開始!
いつものように KZ official store を覗いていたら以下省略。 ついこないだKZ ZAXを発売したばっかりだというのに、なんか3機種も発売開始してた。 発売予定の物も1機種紹介されていたので、実質4機種の発表と...

そんな中での3DD構成だ。めっちゃ面白そう。
上記の記事でも述べているように、自分はDDの重低音が必須の体になっている。
そのため重低音の暴力を遺憾なく味わえそうなこのKZ DQ6にとても興味がある。
なによりも、恐らく世界初となる3DDというのを聞いてみたいという衝動が強い。

訂正:
JVCが2012年に業界初となる3DDの[HA-FXZ200][HA-FXZ100]という製品を出していました。
Twitterでの情報提供ありがとうございます!

JVCから業界初となるウーハー搭載のイヤホンが発表 [HA-FXZ200][HA-FXZ100]
JVCから業界初となるウーハー搭載のイヤホンが発表されました。 JVC ダイナミック密閉型カナルイヤホン HA-FXZ200 JVC ダイナミック密閉型カナルイ...

DD多ドラ製品をいくつかラインナップしているSOUNDPEATS社は、TruengineシリーズやForce Proといった2DD構成のイヤホンを展開しているが、さすがに3DD構成のものは出していない。

自分も以下の記事でも紹介しているように、Truengineシリーズ等の2DDドライバイヤホンをいくつか所持している。
奥行きがある、幅広く豊かな音質に大変満足しており、本機にも期待が高まる一方だ。

【Truengine 3SE レビュー】期待のTruengineシリーズ最新作を買ってみた。とても優秀だけど、Truengine SEに比べると一長一短か。
安くてそれなりに良い音を提供してくれるSOUNDPEATS社より、新たなTWSが突如販売開始となった。高音・低音を強調する二重のドライバーユニットを搭載したTruengineシリーズより、「Truengine 3SE」が6月28日...

そして、みてくれよこの気持ち悪い構成
Truengineシリーズに10mmドライバを余分に付けちゃった感がすごい。
ドスドスと心地の良い音を出してくれそうだ。重低音好きには堪らないだろう。
ガバとか聞いたら凄そうだなぁ(恍惚。

スポンサーリンク

KZ DQ6 のスペック

やっぱりBAを積んでいないぶん、高域は弱そうだなぁという数値。
でもこんなの買う人は最初から高音求めてないでしょう。

ZSXやZAXと同じプラグTypeなのでケーブル資産は流用できそう。

物理ノイズリダクションと記載あるが、どうせこれはCVCだろう。
この価格帯でアクティブノイズキャンセリングは期待してはいけない。

スポンサーリンク

KZ DQ6 に期待すること

耳を破壊してくれ。それに尽きる。

2020年のイヤホンの至高は、間違いなくKZ ZAXだろう。
だから同じ路線、同じ傾向は目指さないでほしい。
3DDを生かした耳破壊に特化した重低音を鳴らしてほしいんだ。

【KZ ZAX レビュー】KZ ZSXと全然違うぞ。広い音場と深い低音域が艶よく響く最強コスパイヤホンだコレ!
前回の記事で"購入予定はない"とか書いたのだけれど、なんか中国から届いた。 妙だな…。 とまぁ結局物欲に負けてKZ ZAXを購入してしまったのだけれど、 このKZ ZAX、とにかくすごく良い。 ZSXと基本構成は変わ...

正直、KZ DQ6がとても欲しい。
だがしかし、KZ ZAXの完成度が高すぎるせいで有線イヤホンに対する満足度がとても高い現状、あまり食指が伸びないというのが本音であったりもする。
購入したとしても結局ZAXと比較してしまって、総合的な満足感は少なくなってしまうだろうしな。

また、KZ Z3くんが復活しているというのも拍車をかけている。
彼の正式発表とスペック(特に電池もち)内容によっては即ポチするつもりであるため、本機への購買意欲が削がれてしまっているという現状だ。

でも絶対おもしろい商品。気になる気になる。

1/17
coming soon

1/26
書いた。

【KZ DQ6 レビュー】クセが凄い!しかし使用シーンを選べば鳥肌モノの音を出すことができる。
前回の記事で”購入予定はない”とか書いたのだけれど、なんか中国から届いた。 妙だな…。(二回目) 例のごとく結局物欲に負けてKZ DQ6を購入してしまいました。 購入したのは去年のクリスマスなので、自分へのご褒美ということ...
タイトルとURLをコピーしました