【MOONDROP 清泉 – Spring Tips レビュー】強調されているところをマイルドにし、不足がちな部分を盛り上げる優等生。

スポンサーリンク

筆者は本ブログで散々紹介しているように、final Eタイプのイヤーピースを大変に愛用している。
柔らかく装着感もよく、音質の向上も期待できる。
それでいて値段もお手頃という、まさに万能なイヤーピースだ。

中華イヤホンは標準で付属するイヤーピースやケーブルの質が正直良くない。
「どうせお前ら取り替えるだろ」という、制作側の意図が見えるような結構適当な作りが目立つ。
まぁそこらのコストをカットすることで安く提供できているという面もあるようにも思えるが。
この傾向はKZの製品がとても顕著。標準はまじでゴミ。

KZ
「KZ」の記事一覧です。

という語りで前回はAZLA SednaEarfit Crystalを購入したのだが、正直満足の行く代物ではなかった。
装着感は大変良好なものの、出力音のバランス崩壊が酷く低音ぶりぶりざえもんという具合であった。

結局final Eタイプサイコーというオチになってしまっていた訳だが、この度満を持してMOONDROP製のイヤーピースを購入してみた。
ということで今回は、MOONDROP 清泉 – Spring Tipsをレビューしていこうと思う。

スポンサーリンク

MOONDROP 清泉 – Spring Tips について

公式HPより、本商品についての説明は以下の通り。

「清泉-Spring Tips」には、FEA 有限要素シミュレーションと繰り返し実験によって検証された音響学導波構造を備えています。実際の測定では、ノズルを通って外耳道に入る高域の共振を大幅に抑制し、周波数特性よりの中高域と高域の共振も大幅に低減できます。高域の音色をより自然にし、高域の伸びが損なわれないようにします。

外耳道と快適にフィットさせるために、特別なモールド処理を施しています。特注した柔らかいシリコン素材により、優れた着用感が得られます。また、特殊なラジアルダブルサポート設計により、“傘”の部分が崩れるのを防ぎ、音漏れによる低音の損失を防ぎます。

清泉 – Spring Tips

本製品説明、及び公式HPの解説等から感じることは、「中高域と高域の共振抑制」というフレーズの強調具合であり、よほどの自信があるとみえる。
これら説明より、雑味を抑えたよりリアルな出力を求めた製品コンセプトであることがわかる。

本製品を使用することでイヤーチップと耳穴の結合によって発生する高音域の共振ピークを大幅に抑制し、高音域の音色の復元性をさらに高めることが可能となるとのこと。
それでもって低音の損失も防げるとあり、中々のよくばりアピールをしている。

MOONDROPの製品はどれもこれも筆者の好みの音をオールウェイズ出してくれる製品であり、信頼感はバチバチに高い。
これまでのレビューは以下を参照。

水月雨(MOONDROP)
「水月雨(MOONDROP)」の記事一覧です。
スポンサーリンク

MOONDROP 清泉 – Spring Tips を開封

二次元美少女がいない。
こんなのMOONDROPじゃないよ(過激派)

専用ケースだとかノズルアダプターだとかというオプションは何もない。
同じサイズのイヤピが計6個、それだけ。
ちょっとさみしい。

クラゲみたいな見た目をしている。
AZLA SednaEarfit Crystalよりも薄く柔らかめなシリコンの触感。
KZイヤホンに標準で入っているようなペラペラシリコンイヤピとまではいかないものの、似たような薄さをしているため少し不安になったりする。

同社MOONDROP VARIATIONSに装着してみる。
くびれのないノズルの本製品であるが、問題なくホールドし外れることもない。

スポンサーリンク

MOONDROP 清泉 – Spring Tips の装着感と音質

高音がとても綺麗に聞こえる。一方で、低音が抑えられている印象を受ける。
とはいえ、AZLA SednaEarfit Crystalのように全体のバランスを崩すレベルでの強調具合はなく、とても自然に出力されており聞きやすい。

どんなイヤホンに対しても強調されているところを抑え不足しているところを盛り上げる、という優等生ぶりを見せつけ、大変に利便性が高いイヤーピースだと感じた。
共振を抑える、という説明の所以は感じることは出来なかったが、上記理由はこのコンセプトの賜物なのかもしれない。

装着感に関しては、イヤーピースそのものの薄さ故か、装着時に感じるラバー感はほぼ感じることはなく、それでいながら柔軟に変形するため不快感はまるでない。
AZLA SednaEarfit Crystalに比べてしまえば、装着感・密着感は劣るが全然問題無いレベル。

スポンサーリンク

結論、すごく良い

評価としては、自分の中ではfinal Eタイプの上位互換というポジションに着いている。
大変満足度が高い。レギュラー入り決定。

本機の特徴である、強調されているところをマイルドにし、不足がちな部分を盛り上げるという傾向、強いては低音が抑え気味になるという特徴は、低音が強めなVARIATIONSと大変に相性が良い。
これを装着したVARIATIONSはまさに最強。
低域から高域に至るまで、まるで隙が無い。素晴らしい。

惜しむらくは、サイズが固定であるところか。
final EタイプやAZLA SednaEarfit Crystalのように、各サイズが1ペアづつ封入されたパッケージがほしいところだ。

タイトルとURLをコピーしました