【News】Lenovo Legion gaming phone(仮)がリーク!エグいデザインがガジェ欲をくすぐる!

久しぶりにテンションが上がる端末がリークされた。
まだ正式名称は不明だが、現時点では「Lenovo Legion gaming phone」と呼称されるゲーミングスマートフォンだ。

Lenovo Legion とは Lenovo製のゲーミングPCにも名付けられており、ゲーミング特化デバイスであることを示している。
今回その冠がスマートフォンにも掲げられたというわけだ。

このデバイスでまず一番に目につくのが、カメラがサイドフレームからポップアップする異形さだ。
恐らくゲーミングデバイスとしての使用を想定しすぎているために、スマホを横向きに持つことを前提とした故のデザインだろう。尖りすぎている。

デザインの他、スペックなどもリークされているので、以下に記載していこう。

スポンサーリンク

Lenovo Legion gaming phone(仮)について

スペック

以下は自分が重要視するスペックを抜粋したもの。
他スペックや詳細についてはネット海を漂ってほしい。

SIMDual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
カメラレンズ64 MP, f/1.8, (wide), 1/1.72″, 0.8µm, PDAF
16 MP, f/2.2, (ultrawide)
カメラセンサー
防水性能非対応
ChipsetSnapdragon 865 (7 nm+)
ストレージ・メモリ128GB 8GB RAM,
512GB 12GB RAM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.0, A2DP, LE, aptX HD, aptX Adaptive
GPSdual-band対応
スピーカーステレオ対応
画面AMOLED
解像度1440 x 3120 pixels・6.67 inches
バッテリー5000 mAh
寸法・重量
予想最低価格
その他2つのUSB-Cポートを装備
90W高速充電対応
LPDDR5 RAM搭載
144Hz駆動のリフレッシュレート
270Hzのタッチサンプリング

2つのUSB-Cポートがあり、2つ目は側面にあるため、ゲーム中にデバイスを充電が可能だという。
ステレオサウンド用の2つのスピーカーが電話の上下(または左右)に隠れており、迫力あるサウンド出力が可能。

その他、aptX Adaptiveにも対応し、高音質低遅延のワイヤレスサウンドにも対応し、サウンド面でもゲーミングへの妥協が無い。
存在は定かではないが、超効率的な熱伝導ヒートパイプも装備しており排熱もすごいとか。
144Hz駆動のリフレッシュレート、270Hzのタッチサンプリングというのもとても魅力的だ。

カメラが面白い(実用性はともかく)

背面カメラに64MPのメインカムと16MPのスーパーワイドカムの2眼装備。
ただ、上記画像で分かる通り、その配置もかなり特殊な場所にあるのがなかなか興味深い。
筐体中央に見える白い部分がデュアルLEDフラッシュとのこと。

そして一番目が行くリアカメラ。
サイドからポップアップするカメラは20MPあると考えられているという。
ポップアップメカニズムにはLegionのロゴが付いており、いかにもゲーミングといったデザインだ。

これまでのどのスマートフォンにも似ていないオリジナリティのあるデザインをしており、とてもワクワクする。

スポンサーリンク

正式発表に超超期待

ASUS ROG Phone、Xiaomi Black Shark に続く代表的なゲーミングスマートフォンになるのは間違いないだろう。
正式発表、発売の時期には必ず注目されるであろう本機種、発表が待ち遠しい。

タイトルとURLをコピーしました