【KBEAR ST1 レビュー】なんだろう。いらない。

スポンサーリンク

以下WTSUN AUDIOの福袋で届いたイヤホンの一つ。
「ネタ切れの時にレビューしたろ」と思っていたやつ。
そうだね。ネタ切れだね。レビュー依頼くれ。

以下レビュー記事でも記載したように、福袋の片割れである「KBEAR Robin」は尖ってて面白かったので筆が乗ったけども、本機はタイトルの通り面白くも無かったから正直書くこともあまりない。
でも一応レビューしとこうかなって。

スポンサーリンク

KBEAR ST1 の基本データ

KBEARについて

KBEARは2014年に中国の深センにて創設されたイヤホンメーカー。
中華イヤホンではもうお馴染みなメーカーであり、低価格のものから高価格帯まで幅広いイヤホンを発表している。

姉妹ブランドに「TRI」というブランドが存在しており、正直どのような棲み分けを行っているのかは全然わからんが、同じくイヤホンやポタアンを発表している。
本ブログでもTRI Meteorを扱ったことがあり、品質は確かなものであること確認済み。

KBEAR ST1 について

醸し出してくれております!そうですか!

こんな怪しい画像を公式で展開されてしまっているKBEAR ST1は、KBEARが展開する初心者向けイヤホンとのこと。
高分子ポリマー(PET)振動版を採用した8.7mmサイズのダイナミックドライバーをシングルで搭載しており、筐体はアルミニウム合金製で高級感を演出しているという。
個人的には六角ビスじゃんと思わなくもないが、まぁ野暮なことは言うまい。

このとおり初心者向けを謳っていることもあり、とてもシンプルで簡易な作りが特徴。
Amazonの紹介画像では、比率の異なるクソデカコントローラーや怪しい日本語、強靭なケーブルを演出するために何故かあやとりをしている等々、なんかもうアレな感じが見ていて楽しい。

なお、Amazonレビューでは星5つ中3.9という高評価になっているが、これはCCA C12という異なるイヤホンの評価だ。
中華製品あるあるだが、評判の良い製品のリンクをそのままに商品を入れ替えるという手法がとられている様子。
そのためKBEAR ST1の評価が星3.9というわけではないので注意。

KBEAR ST1 の外見

外箱。とても小さい。
高さは煙草の箱より小さい。

内箱を開けたところ。
一丁前に専用ケース付き。

内容物は上記の通り。イヤピと本体のみ。
なんと説明書であるとか検品症であるとかの紙系が一切含まれていなかった。

本体。質感はアルミ。高級感は感じられない。
六角ビスかと思いきや五角だった。レンチで回せないね。

付属のイヤピはとてもゴムゴムしく、汚れが大変付着しやすい印象。
ステム部分は上記の通りで特徴などは無い。

スポンサーリンク

KBEAR ST1 の良いところ

安い

やすいです。1300円以下で買えます。

スポンサーリンク

KBEAR ST1 の残念なところ

価格相応、とまでも言えない音質

100円ショップの有線イヤホンと変わらない印象。

誇張されたドンシャリであり、低音は強く出ているが割れている。
高音域もシャリシャリ感が強く、サ行の鋭さまでは無いものの、とても品質が悪い。
ボーカルも遠くに配置されており、且つ演奏隊が強めに出てくるためかなり沈んでしまう。
音量をあげないと何を言っているのか聞き取れない楽曲まである。

スマホのおまけで付いてくるイヤホンのほうがまだマシな音を出してくれる。
そう、本機はおまけ以下の音質だ。

長時間のリスニングに痛みが生じる

これは自分の耳の問題かもしれないが、本機で長時間のリスニングを行った場合、耳に痛みを覚える。
大体2時間程度装着すると、本機との接地部分に痛みが発生する。

見た目以上に本機は耳の奥に挿入する必要があり、本機の人間工学などを意識しないシンプルな構成がそれら影響を及ぼしてくる模様。
まぁ本機で長時間のリスニングを行うような人はいないと思うが、この程度のドライバを積むのなら、本体をもう少し補足して耳に干渉しないようにしてみても良かったのでは?とも思わなくもない。

スポンサーリンク

KBEAR ST1 の総評

いらない。価格に見合わない。

この価格帯はfinal E500であるとか、KZ EDX PROであるとかユニークで解像度も高く、筐体もこだわった製品が数多くある。そんな中で、本機を選ぶ余地は微塵も無い。

おまけイヤホン以下のレベル、という事実に驚くことになった。
一方で、この価格帯でも優れたイヤホンはたくさんあるのだな、と改めて認識させてくれる貴重なイヤホン体験を提供してくれる稀有な存在とも言えるのかもしれない。
みんなは素直に、コレ以外のイヤホンを買おうね。

タイトルとURLをコピーしました