【KBEAR Aurora レビュー】美しいデザインと高い解像度。表現力の豊かさに圧倒される。

スポンサーリンク

本ブログでは3品目になるKBEARのイヤホン。
今まで紹介した2機種はどれもオモシロに特化ローエンドモデルであったため、KBEARのイヤホンの真髄にふれることがあまり出来ていなかった。

今回入手したKBEAR Auroraは、価格的にもKBEARの上位機種に該当するモデルとなる。
これがまた大変に自分好みの音を出してくれる優秀な機種だったので驚き。
今回はそんなKBEAR Auroraのレビューをしていこう。

スポンサーリンク

KBEAR Aurora の基本データ

KBEARについて

KBEARは2014年に中国の深センにて創設されたイヤホンメーカー。
中華イヤホンではもうお馴染みなメーカーであり、低価格のものから高価格帯まで幅広いイヤホンを発表している。

姉妹ブランドに「TRI」というブランドが存在しており、正直どのような棲み分けを行っているのかは全く把握できないが、同じくイヤホンやポタアンを発表している。
本ブログでもTRI Meteorを扱ったことがあり、品質は確かなものであること確認済み。
KBEARとしては上記の通りオモシロイヤホンしか出会えていない。

KBEAR Aurora について

KBEAR Auroraとは、より高いヤング率ができた良い音質のイヤホンである。
なんとわかりやすい説明だろう。自然と涙と笑みが溢れてくる。

そんな中華あるあるの画像は置いておいて。

KBEAR Auroraとは、KBEARブランドのフラグシップモデルに位置づけられたイヤホンである。
KBEARにはKBEAR Believeという最上位のモデルが存在するが、日本では未発売であるため(入手しようと思えばいくらでも手段はあるが)実質日本における最上位モデルとなっている。

非常に高品質なアルミニウム合金筐体で構成された筐体に、10mmのチタンメッキドームドライバが1基搭載されている。
コネクタは2PIN 0.78mm。ケーブルの換装が可能。

KBEAR Auroraという名前を意識してかは不明だが、筐体デザインがオーロラのように波打ったものとなっており、とても特徴的。
手触りも見た目もよく、とても好印象。
KBEAR Robinもだが、KBEAR製品は外観の印象づくりがうまいような気がする。

KBEAR ST1?知らない子ですね…。

KBEAR Aurora の外見

まずは外箱。
値段の割には結構小さいししょぼい。
これの半分ぐらいの値段のTRI Meteorのほうが一回りデカいうえ高級感もあった。

開けたとこ。
内箱とかも特に無し。
箱の裏にウェスを装備。

内蓋みたいなものを取ると本体が現れる。
ここに至るまでの過程は正直高級感などは感じられず、体感8000円クラスの印象。
これより安いMOONDROP KXXSとかはもっと高級感があった。

内容物。
本体、ケース、イヤーピース、ケーブル、清掃用ブラシ、説明書といった基本装備。

ケースは刻印こそ違えどTRI Meteorと同じもの。
やはり同社製品ということで使いまわしが行われている模様。
とはいえ品質は良いので問題はない。

見てわかるように「Aurora」の部分が個性的で且つ美しい。

今回はモデルチェンジ版のブラウンモデルを入手。
旧モデルの鏡面仕様は正直扱いに困りそうだたのでこっちのほうが個人的には好き。

プレート以外の筐体はシンプルな作り。
でっぱりもなくとても無個性な印象。
無個性過ぎて触れるところに困るぐらいだ。

重さは7.9gを計測。
この価格帯では軽い方か。

スポンサーリンク

KBEAR Aurora の良いところ

大変好印象なデザイン

まずは本機の美しいデザイン

流線型の筐体デザインは大変に質感が高く、手触りが良い。
また無個性な内側デザインではあるが装着感が高く、密閉性は極めて良好。
質感・装着感・デザイン・手触りの全てで満足感が高い。

色も旧デザインより落ち着いたものになっており、ギラギラした印象から一転してシックな様相で落ち着き扱いやすくなっている。鏡面デザインはどうしても傷つきやすく扱いに困るところがあるが、これならそこまで気を張る必要も無く外出先で利用できそうだ。

1DDとは思えない高解像度

1DDとは思えない高品質な解像度と表現力が魅力的。

原曲を潰すこと無く、歪ませることなく、高解像度で響かせてくれる。
細かい音を再現できるのは勿論のこと、奥行きなどの空間表現も良好。
ありのままの音源を元気に伸びやかに聴かせてくれる。

それでいてバランス感も大変に優れており、低音の締まりは勿論のこと、元気な音質を維持しながらも高音域の刺さりや割れ感も全く感じさせることが無い。
全体的な音の傾向がとても纏まっており、それでいながら元気さもプラスした非常に楽しい音質となっている。

このような低い男性ボーカルと女性ボーカル(加工音声)との共存、あるいはブリブリのベースサウンドに合わせる鍵盤の響きなど、本機であればとても魅力的に出力が可能。
どのような楽曲でも全体的にバランスが良く自然なサウンドに纏まった出力を行うことができる。
とても聴いていて楽しい。

スポンサーリンク

KBEAR Aurora の微妙なところ

開封の儀が残念

本機は2万円程度するモデルでありながら、梱包レベルは同社製品5000円クラスであるKBEAR Robinと大差がない。
なんだったら1.4万程度のMOONDROP KXXSのほうが高級感が高く、魅力的であった。
さらに言えばそれよりも安いTRI Meteorのほうが…というレベル。

別に本機の性能に影響が出る話ではないが、この価格帯でこの梱包レベルは残念でしかない。

やっぱり隠せない陽キャサウンド。

これはもうKBEARの傾向なんでしょう。

本機はとても高品質な筐体と、高品質なバランス感を備えた出力を行えるイヤホンだ。
それは間違いない。が、ところどころでお呼びでない陽キャが顔をだす。

KBEAR Robinの回で述べたとおりではあるのだが、「強制的にバランスの良い明るい音」に変えてくる節がところどころに感じられる。
本機の出力がフラットではなくドンシャリ寄りであるということがまた拍車をかけているところでもあるが、KBEAR Robinほど雑ではないものの多少の聴き疲れを覚えることがある。

筆者としてはKBEAR Robinの陽キャは耐えられなかったが、KBEAR Auroraの陽キャとは友達になれると思うぐらいに常識は感じられる。多分義務教育は通過できている。
そんな感じ。どんな感じだそれは。

ともかく、本機は上質な音を出力する一方で「強制的にバランスの良い明るい音」に変えてくる傾向があるということ。
KBEAR Robinは素材の味を潰すが、本機は活かしたまま変えてくる。
この味覚に合うかどうかで、付き合い方が変わるだろう。

スポンサーリンク

KBEAR Aurora の総評

義務教育を終えて社会人になったKBEAR Robin。
大人になり自分の魅力を理解した上でそれなりに実力も鍛えたKBEAR Robin君だ。

上記で述べた通り、質感・装着感・デザイン・手触りの全てで満足感が高く、且つ音質面でも大変に良好。
少し若い頃にヤンチャしてたんやね、と感じるところはあるにせよ、耳障りや不快に感じるところも無く「本機の味」として昇華できており全体的なバランスは極めて良好。
値段相応の高品質さを感じる製品であると判断している。

おすすめ。しばらくはメインで使おうかな。

タイトルとURLをコピーしました