【News】Honor 30SとHonor Play 4T Proが発表。コスパに優れた両機種を比較してみる。

Huaweiのサブブランド、Honorより、Honor 30SHonor Play 4T Proが発表された。正確には、Honor Play 4Tという無印版も発表されているが、そんな面白くないのでガン無視して話をすすめる。

HonorはHuaweiよりもコスパに優れた製品を取り扱うブランドで、Xiaomiのredmiシリーズみたいなもの。(恐らくHonorのほうが先だろうけど。)
自分もHonor 10を長らく愛好しており、電池もちの良さや充実したテザリング機能など、サブ機としてとても優秀なことを身をもって体感している。
そう、サブ機として。

なぜサブ機なのかといえば、kirinプロセッサやカメラAIのクセがなかなかに強いからなのだけれど、普通の使い方をする人には断然コスパに優れたHonorシリーズはredmiシリーズより断然オススメでできる。
そんなHonorより期待の新作が発表されたので確認してみよう。

スポンサーリンク

Honor 30SとHonor Play 4T Proを比較

Honor 30Sについて

まずはHonor 30Sについて。
末尾に[S]がつくのはミドルスペックであることを示す。
旗艦は無印の「Honor 30」として何れ発表されることになるだろう。
いつものように、自分が重要視するスペックを以下抜粋。

SIMDual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
カメラレンズ64 MP, f/1.8, 26mm (wide), 1/1.72″, 0.8µm, PDAF
8 MP, f/2.4, 80mm (telephoto), AF, 3x optical zoom
8 MP, f/2.4, 17mm (ultrawide)
2 MP, f/2.4, (depth)
防水性能非対応
ChipsetKirin 820 5G
ストレージ・メモリ128GB 8GB RAM
256GB 8GB RAM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
GPSdual-band非対応
スピーカーシングル
画面IPS LCD
重量190g
解像度1080 x 2400 pixels・6.5 inches
バッテリー4000mAh
価格37,000円

4眼で64 MP搭載、5G対応で37,000円という相変わらずの高コスパ。
ただし、Honorのカメラセンサーは値段相応なのであんまり期待してはいけない。
Kirin 820はミドルレンジ最上位にあたる。

デザインはHuawei感が増して良い

三色展開。
Xiaomiもそうだけど、この「翡翠色」って中国の流行りなのかな?
とても綺麗なので流行ってくれて全然構わないのだけど、横並びで面白みは無いわな。
一番右の貝殻のようなホロデザインはHuawei感があって美しい。
また画像からもわかる通り、サイドでの指紋認証に対応している様子。
HUAWEI nova 5Tの記事でも語っているが、これが個人的な正解だと思っている。

Honor Play 4T Proについて

次にHonor Play 4T Proについて。
Playがつくのはゲーム特化であることを示す。
いつものように、自分が重要視するスペックを以下抜粋。

SIMDual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
カメラレンズ48 MP, f/1.8, 27mm (wide), 1/2.0″, 0.8µm, PDAF
8 MP, f/2.4, 17mm (ultrawide)
2 MP, f/2.4, (depth)
防水性能非対応
ChipsetKirin 810
ストレージ・メモリ128GB 8GB RAM
256GB 8GB RAM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
GPSdual-band非対応
スピーカーシングル
画面AMOLED
重量170g
解像度1080 x 2340 pixels・6.3 inches
バッテリー4000mAh
価格25,000円

全体的にHonor 30Sに劣る。
ただしAMOLEDを搭載し、同一のバッテリーを積んでいるにも関わらず軽量、そして2.5万という破格で入手できる点が優れている。
5Gには非対応だが、どうせデファクトスタンダードになるのは1年半以上先になるのだろうから、そんな気にすることはないと思っている。
以上のことより、個人的にはHonor Play 4T Proのほうが魅力的だと思っている。

デザインは無個性

一見すればHonor 30Sとなんら変わらない。
が、Huawei感のある貝殻のような配色は無く、全体的にどことなく一世代前の雰囲気がある。
フロントカメラはティアドロップを採用。ここもやはり一世代前の古臭さを感じさせ、デザインとしてはあまり面白みはない。

スポンサーリンク

Honorはメインもサブもいける優秀なブランド

メイン機として扱うのならば、間違いなくHonor 30Sを選んだほうがよい。サブ機として扱う場合には何が重要であるかを考えれば、Honor Play 4T Proのほうが優れているといえるだろう。

Honor系はnomad SIMやChatWifiなどの、テザリング非サポート大容量格安SIMでのテザリングが可能だ。さらには5GHz帯での発信も可能なので、通常のモバイルWi-Fiと同じように使用することもできる。
モバイルWi-Fiを持つぐらいなら、Honor Play 4T Proを購入し上記SIMをブチ込んで持ち歩くほうが幸福度は上がるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました