DJI Pocket 2 が欲しい!!意味なく熱く語ってみる。

10月21日にdji Pocket 2が発表された。
dji Osmo Pocketが発表されてから苦節2年。
ついに完成されたポケットジンバルカメラの登場となったのではなかろうか。
欲しい。とても欲しいが、どこで使うのかわからん。でも欲しい!ああああ!!

ということでDJI Pocket 2に対するほとばしる熱いパトスを少年が神話になる程度に書きなぐるのだ。
ていうか「ほとばしる熱いパトス」って何なんだろうな。

スポンサーリンク

実録 血に飢えたdjiのアクションカメラは実在した

2年前、dji Osmo Pocketの発表時、GoProを圧倒せんばかりの撮影スペックと驚異のスタビライザ機能に驚愕し、そしてそれを感じさせないお手軽さとコンパクトさにガジェットの完成した姿を見た。
喉から手が出るほど欲したが、自分の環境では買ったところで使い所が無いという悲しい環境と、djiという会社から放たれた謎のカメラに若干の怪しさを感じたため、様子見をすることになった。

この当時、djiはドローンを数台発表しその界隈では名を馳せていたものの、アクションカメラには初の参戦であるということ、そして値段的にも信頼と実績のあるGoProと同等であったため、コレ買うんだったらGoProで良くね?という市場情勢があった。自分もそう思った。

ドローンという小型ボディに精密機械を詰め込む技術ノウハウをもった会社が送るアクションカメラということで一定の信頼は得られていたものの、それらを評価するのはその界隈の事情通、或いは極度の重症ガジェオタという悲しい実情であった。

結果としてはそれなりの売れ行きは出したものの、GoProの牙城を崩すことは出来ず、3ヶ月に一回はお祭り値引きキャンペーンを実施するような実情であった。

その後すぐ発表されたdji osmo actionに至っては「GoPro死す!デュエルスタンバイ!」という飛ばし記事なのか委託記事なのかが世に溢れかえったものの、結局はGoProの性能には追いつけておらず現行GoProの2世代前程度の性能であるというレビューが沸々と湧き上がり、あっという表舞台から消えていった。

結果dji Osmo Pocketとdji osmo actionは、仲良く3ヶ月に一回お祭り値引きキャンペーンに肩を並べることになる。(これらの話は中華市場に限る)

そんななか、Xiaomiからの技術協力を得たFIMIが「FIMI PALM」を発表。
dji Osmo Pocketよりも安く、dji Osmo Pocketよりも狭い画角をカバーし、ジョイスティック機能を搭載し、三脚用ネジ穴搭載を搭載し、Wi-Fi接続に標準対応するという、dji Osmo Pocketの弱点を全て克服した類似製品が発表されてしまう。

だがしかし、FIMI PALMは暗所撮影に弱く、手ブレ補正がクソ雑魚ナメクジであったこと、なによりも画質が悪いというどうしようもない理由で、結局優位に立つことは出来なかった。

その後、Snoppa Vmate、Capture Pocket、RM-K1 REMOVUなどのdji Osmo Pocketコンセプトをパクった有象無象が相次いで発表されることになるが、どいつもこいつもFIMI PALMのような惨状を露呈し、自爆していった。

この点で言えば、dji Osmo Pocketは小型3軸ジンバルカメラのパイオニアであり、オリジナルと言える地位を築けていたのだろう。
だがしかし、アクションカメラの絶対王者GoProには、勝つことが出来なかった。
結果、dji osmo actionという噛ませ犬にそのポジションを譲ることにより、dji Osmo Pocketは唯一無二の小型3軸ジンバルカメラの頂点として、自身のポテンシャルを磨くことに徹したのだろう。
その完成形がDJI Pocket 2なのではなかろうか。

スポンサーリンク

dji Pocket 2 は購入時点で完成されている

前作と基本コンセプトは変わらずではあるが、なんと画角が選べる。
広角レンズが最初から付属しており、それを装備することでGoProのような広角での撮影が可能になるというもの。
もちろん装着しなければ、以前と同じ画角での撮影も可能だ。

前作はサードパーティで広角レンズが用意されていたが、品質もばらつきがあり取れやすいという弱点があった様子。
それを公式から、しかも最初から付属されているというのだから素晴らしい。
一番の弱点を補ってあまりあるではないか。

Creator コンボに至っては上記の通り、無線マイクやら三脚やらも付属している。
サードパーティを揃える必要が一切ないじゃん。

しかもコレが、付属のケースに全て収まると言うのだから恐ろしい。
「dji Osmo Pocketにガジェットの完成した姿を見た」とか上述しているのが恥ずかしいレベルでの至れり尽くせり。これ買っときゃあ間違いないってやつじゃんね。
しかも無線マイクには風防もついているよ。
コレを機にYouTuberなるしか無いじゃん。

スポンサーリンク

dji Pocket 2 は買っても後悔しないもの

間違いなく買って後悔しない製品だろう。
使い所があれば。

GoPro9も発表されたので、苦戦は強いられるだろうが、そもそもの棲み分けは出来ているので、Vlog層を中心に人気になると思う。
自分も何かと理由をつけて購入に踏み切りたいところ。
うーん、購入する最もな理由、理由を探さねば。
自分を納得させる理由を、理由が欲しい。

タイトルとURLをコピーしました